企画展 行き交う人々、交わる文化~みなとまち敦賀の美~


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

日本海側と都とを結ぶ海陸交通の要衝として栄えた敦賀は、江戸時代に「北国の都」(井原西鶴『日本永代蔵』)と称されたほど人や物が行き交うにぎやかなまちでした。その豊かさは、各地から来敦した絵師や文人たちと敦賀の人々との文化交流からも知ることができます。本展では、郷土の画家や敦賀に伝わる京の画家たちの絵画作品をご覧いただき、美術を通してみなとまち敦賀の文化をみていきます。

鈴木松年「山姥図屏風」(真禅寺寄託)

会期

令和6年11月28日(木)~令和7年1月13日(月・祝)

休館日

月曜日(1月13日を除く)、12月29日~2025年1月3日

会場

敦賀市立博物館